フィンジアのキャピキシルとピディオキシジルは育毛に効くの?

フィンジア

 

育毛業界で新しい話題となった新成分「キャピキシル」「ピディオキシジル」を配合したフィンジア

 

これらの成分は本当に育毛効果があるのでしょうか?

 

実際にフィンジアを使ってみて、その効果を感じた私としては、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には効果があると実感しています。ただし、少なからず口コミなどでもその効果を疑問視する声があることも確かです。

 

そこで、この疑問についてこのページでは徹底的に検証をしてみました。そこで分かったことは、フィンジアに配合されている「キャピキシル」と「ピピディオキシジル」が最も効果がある成分ではないことが判明し、代わりに「ミノキシジル」と「フィナステリド」がもっとも育毛効果が高いということが分かりました。

 

ただし、これらの成分は医薬品に分類をされているために、使用者がもっとも気になる副作用の危険性があることがわかっています。

 

そこで、育毛効果がもっとも高い「ミノキシジル」と「フィナステリド」がいいのか、それとも育毛効果は劣るが副作用に危険性がない「キャピキシル」と「ピディオキシジル」がいいのかをしかkりと検証してみましたので、参考にしてください。

 

薄毛治療診断ガイドラインから成分を検証してみた!

ここで、より専門的に検証するために公益社団法人日本皮膚科学が作成した薄毛治療診断のガイドラインから脱毛症の治療薬の現状と問題点について抜粋します。

 

男性型脱毛症(male pattern hair loss,androgeneticalopecia)は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症である.脱毛は生理的な現象ではあるが,外見上の印象を大きく左右するので QOL(Quality of life)に与える影響は大きい.近年,男性型脱毛症の病態解明が進むとともに有効な外用,内服の治療薬が開発され,
皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた.しかし,それでもな皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない民間療法が社会的に横行し,無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくなかった. 2010年の男性型脱毛症診療ガイドラインにより,科学的根拠に基づいた情報を選び出し,医師,患者双方にとって標準的治療法を提示することで,本邦における男性型脱毛症診療水準を向上するという当初の目的を果たしたものと考えている. その後,新しい治療薬や治療手段が登場したこと,
女性の男性型脱毛症に対する概念の変化があったことなどより今回のガイドラインの改訂に至った.また未承認の毛髪再生医療に関する社会的話題も多く,これについても言及することとなった.

 

引用先:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

このガイドラインは、現在市場に出回っている育毛剤や育毛の治療には科学的な根拠が薄いものが拡散しているため、そのような根拠のはっきりしない薄毛の人が治療や育毛をすることを抑えることを目的として作成されました。

 

また、同じガイドラインには、薄毛の治療を行う際に、目安となるための成分の推奨度が5段階で明記されています。

 

表1.育毛成分の推奨度の分類

 

ランク 推 奨 度 条  件
A 行なうように強く勧める 少なくとも1つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベル II のエビデンスがあること
B 行なうように勧める 少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベル II か良質のレベル III,あるいは非常に良質の IV のエビデンスがあること
C1 行なってよい 質の劣る III〜IV,良質な複数の V,あるいは委員会が認める VI のエビデンスがある
C2 行なわない方がよい 有効のエビデンスがない,あるいは無効であるエビデンスがある
D 行なうべきではない 無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある

※ エビデンス 医学で臨床結果などの科学的根拠のことを意味します

 

表2.含有成分推奨度について

 

フィンジア

 

表から見ると、「ミノキシジル」と「フィナステリド」のみがA評価を受けています。

 

このことからも、科学が急速に進歩している2018年でも育毛にもっとも効果のある成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」であることがよくわかります。

それでは「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には育毛効果が全くないのか?

このガイドラインによって、「ミノキシジル」と「フィナステリド」が育毛効果がもっとも高いということが判明したわけです。

 

そうなるとフィンジアに配合されている「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は育毛効果はないということになるのでしょうか?

 

1.キャピキシルについて

 

フィンジア

 

「キャピキシル」は「ミノキシジル」の3倍の効果があると誤解さらているのですが、実際に3倍もの効果はないと思われます。

 

なぜそのように誤解されたのかというと、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」の毛髪成長率(髪の毛が伸びるスピードをその割合で示したもの)を検証した実験結果が原因です。この指標は、あくまで毛髪成長率のみに焦点をあてた結果で、実には薄毛を治療するには、発毛効果も大きくは反映されるので、その意味では「ミノキシジル」の方が効果があtるといえます。

 

もちろん、毛髪成長率についてだけみれば、「キャピキシル」は「ミノキシジル」の3倍の数値が出ているのでキャピキシルにも完全に育毛効果がないとは言い切れません。

 

 

2.ピディオキシジルについて

 

フィンジア

 

一方「ピディオキシジル」ですが、その構造が「ミノキシジル」に酷似しているのが特徴です。

 

フィンジア

 

上図を見てもらってもわかるように、「ピディオキシジル」はミノキシジル誘導体という別名を持っており、成分構造が「ミノキシジル」によく似ています。ただ、「ミノキシジル」には副作用の危険性が高く誰にでも使用できないため、「ミノキシジル」によく似た成分で、副作用の危険性が低い「ピディオキシジル」が開発されたわけです。

 

これら「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を検証した結果からみて、この2つの成分が育毛効果がまったくないとは考えられないのではないでしょうか。

まだ「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は国から認められていない成分だった

フィンジア

 

ただ、現実問題として、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は国から有効成分として認められていません。そのため、この事実だけを取り上げて「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には育毛効果がない結論づけている人が非常に多くいます。

 

これだけ育毛業界の中で注目されている新成分である「キャピキシル」と「ピディオキシジル」はなぜ育毛効果のある有効成分として厚生労働省から認可されないのか?

 

このことは私の個人的な推測になってしまうのですが、実は「キャピキシル」と「ピディオキシジル」はまだ開発されてから間もない成分なんです。そのために厚生労働省が有効成分として認可するための一定の期間と確かな実例や多くのデータが認可の条件をクリアするに至っていないのではないかと推察されます。

 

これまで例としてあげてきた「ミノキシジル」は、アメリカで開発された成分です。そのミノキシジルでさえも日本国内で実用化されるまでに5年以上必要だったという事実が先ほどの推論の裏付けになるのではないでしょうか。

「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は「ミノキシジル」と「フィナステリド」にそっくり!

フィンジア

 

近年テレビコマーシャルでも宣伝されてきて、AGAクリニックを受診する人も多くなり、それに伴ってクリニックで処方される薬を使用してを薄毛をケアをするケースが増加してきています。そして、そのクリニックで処方される医薬品は先ほどから男性型脱毛症ガイドラインでも推奨されている「ミノキシジル」と「フィナステリド」です。

 

ここで勘違いしている人が多いのですが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」は育毛成分として同じ効果を発揮しているわけではありません。実際に期待されているのは以下になります。

期待される効果
ミノキシジル  ・・・ 育毛、発毛を促進する
フィナステリド ・・・ 脱毛を抑制する 

 

上記のように「ミノキシジル」で育毛、発毛の促進を行い、「フィナステリド」で脱毛を抑制することで、より効率よく薄毛をケアすることが可能になっているのです。

 

実はこのメカニズムはフィンジアに配合されている有効成分である「キャピキシル」と「ピディオキシジル」でも同じような関係になっているんです。

 

期待される効果
キャピキシル    ・・・ 脱毛を抑制する効果が期待できる ⇒ フィナステリド
ピディオキシジル ・・・ 育毛効果が期待できる        ⇒ ミノキシジル

 

育毛効果がもっとも高いと言われる「ミノキシジル」と「フィナステリド」の組み合わせですが、上記からみても分かる通りフィンジアの有効成分である「キャピキシル」と「ピディオキシジル」もその組み合わせとしての相性がいいことがわかります。

まとめ 「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には育毛効果があった!

フィンジア

 

フィンジアの有効成分キャピキシルとピディオキシジルは効果があるのか?ということで、詳しく検証してきましたが、「ミノキシジル」と「フィナステリド」の方が、「キャピキシル」と「フィナステリド」の組み合わせよりもその育毛効果に関して優れていることがわかりました。

 

そのことは、日本皮膚科学会が公表する男性型脱毛症診断ガイドラインから判断しても明らかですし、「ミノキシジル」と「フィナステリド」が医薬品として厚生労働省かた認可を受けていることから見ても間違いはありません。

 

だからといって、フィンジアの有効成分である「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が育毛にまったく効果がないのかというと、そうではないと言えるのではないでしょうか。育毛剤には効果とともに副作用が起こる危険性が伴います。その点からみると「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には副作用の危険性がありません。

 

そして、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は、「ミノキシジル」と「フィナステリド」と同じように、育毛と脱毛予防を効率よく行なうことができます。そういう理由からも確かに「ミノキシジル」と「フィナステリド」のような医薬品成分ほどの効果は見込むことができませんが、副作用の危険性がない育毛成分においては、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が一番効果が期待できる成分ではないかかと考えられます。

 

フィンジアの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

フィンジアトップへ